空き家で収入を稼ごう|サブリースを活用して安定した物件管理をしよう

サブリースを活用して安定した物件管理をしよう

空き家で収入を稼ごう

空き部屋

買った家を何かの事情で一度空き家にすることがあった場合の活用方法としてリロケーションがあります。リロケーションとは最近出来たサービスで一時的に家を空けることになった際、売りたくはないがその間を空き家にするのが勿体ないという際に一定期間貸し出すことをいいます。貸し出す期間が終われば、再び家を明け渡してもらい、元のように自分で住むことができます。
リロケーションのメリットとしては、空き家にした部屋を利用した人から収入を得ることができることです。また空き家を入居者管理するので自分は何もしなくて良いのも魅力です。自分で空き家を管理せずに収入も得られるので、いいことだらけだといえます。仮に持ち家が木造住宅の場合、湿気を逃がすなどの換気をしないといけないのですが、入居者が常に住んでいる状態なので換気もできていることになります。
しかし、デメリットとして貸している間に汚れや傷は多少なりとも増えるので、借主との契約をしっかり決めておかなければいけません。また契約期間中は必ずしも明け渡してもらえないので、そちらもデメリットになります。リロケーションの依頼方法としては、不動産会社や管理会社にお願いして家を空ける数か月前に依頼する必要があります。貸し出す家賃や敷金・礼金を決めて10%程をリロケーション会社が手数料として受け取り、残りを受け取れる形になります。必要な時だけ無駄にしないで賃貸できるリロケーションをうまく活用して有効活用してみてはいかがでしょうか。